Long tall base

Long tall base

女装と雑記とDisneyと

【雑学】6月と言えばジューンブライドって聞くけれどジューンブライドの意味や由来って具体的に何??

f:id:yuzubaferret:20170512153102j:plain

 

6月になるとメディアは一斉に「ジューンブライド」に注目しますよね!!

 

けれど「6月に結婚すると幸せになれる」という事しか知らなくないですか??

 

小さな雑学にはなってしまいますが、理解しておくと少し知的に見えますので良ければ覚えていって下さいね!!

 

※以下の内容は諸説ありますのでご了承ください

 

目次

 

そもそもなんで「6月」なの??

 

まず不思議に思うのが「何で6月がジューンブライドなの?5月でも良いじゃん!!」って事ではないでしょうか??

 

でも良く考えて見みると、6月って梅雨ですよね??

 

そんな時期に「屋外での式は挙げられない」し「折角来て貰う人も雨でアンニュイ」だし「湿気凄い」しで、普通なら式は挙げ辛いと思いませんか??(※人によります)

 

そう昔の人も考え「6月のブライダル業界は閑散期」でした。

 

あまりにも式を挙げる人が居ないので「ジューンブライド」というヨーロッパでのイベントを広めたんですね(戦略的で凄い・・・)

 

なんだか少し、チョコの販売を拡大するために「バレンタイン」を広めた話に少しだけ似ていますよね!!

 

話は戻りますが、広めてみた「ジューンブライド」が大ヒットし、今では当たり前のように皆が知っているという訳です。

 

じゃあヨーロッパでは元々ジューンブライドっていう概念があったの?

 

ありました。

理由は大きく分けて2つあります。

 

1つは純粋にヨーロッパの6月は「雨があまり降らず気候が良い」からです。

折角の式の日に雨が降ったら嫌ですものね。

 

2つ目は神話から来ています。

詳しくは書きませんが、「ユーノ」という良い家庭を築いた女神が6月の守護霊として祭られているからと言われています。

 

他にも説があるみたいですが、ここでは触れないでおきましょう。

 

上記のことから「6月に結婚するのは良い」という風習が出来上がり、それを日本が真似したという訳ですね。

 

ちなみにジューンブライドって式を挙げるのと入籍するのどっちの事?

 

結論から言うと「どちらも」です。

由来となったヨーロッパでは「式」と「入籍」をどちらも同時に済ますようなので、厳密に言えば「両方済ます」事みたいですね。

 

ただ勿論、同時に済まさないとダメという事は全く無いので、2人で話し合ってゆっくりと決めてみて下さい!!

 

 

以上が「ジューンブライド」についてのお話でした。

もしも誰かに聞かれたらスマートに答えてあげて下さいね。