Long tall base

Long tall base

女装と雑記とDisneyと

お子様と一緒に行く「暑い真夏のディズニーランド」の日差し対策や周り方を解説!!

f:id:neige130:20170524111425j:image

 

気付いたらもうすぐ夏休み。

 

お子さんがいるご家庭では「どこか連れてってー!」という声が毎日のように響き渡るのでは。

 

大型連休、お出かけの定番はディズニーランド。

 

でも外に行くのはお子様の熱中症とか心配だし・・・

そんなお気持ちもわかります!!

 

今回は暑い夏に親子で楽しめるディズニーランドの楽しみ方教えちゃいます。

 

0.事前準備

 

普段パークに行く時の持ち物とは別に夏だからこそ必要なものを紹介。

 

飲み物・・・ペットボトルで可

よく冷えたものと凍らせたものを用意すると便利ですよね!!

 

凍らせたものはそれ自身の冷たさも保ち、凍らせていないものの冷たさも保ってくれる。

 

蓋のできるペットボトルは持ち込み可ですが、ビンや缶は不可なので気をつけるべき!!

 

タオル・・・フェイスタオルやバスタオルのような大きなものが重宝する。

パークでもキャラクターのフード付きタオルを販売している。

 

日焼け止め・・・汗をかいたり、水に濡れてしまった時に塗り直せるように日焼け止めはボトルごと持参する。

 

(肌が弱いお子様はこの日焼け止めがオススメです)

 

 

保冷剤…凍らせたペットボトルと一緒に保冷バッグに入れておくと安心。

 

冷感タオル…濡らすと冷たくなるタオル。ネットでよく見ますよね!!

 

着替え…こちらも汗をかいたり、水に濡れてしまった時にあると便利。

小さなお子さんには2枚以上あると安心です。

 

 

1.夏ならではのイベント

 

ディズニーランドでは毎年夏休み期間に水撒きイベントを開催する。

 

日中の火照った身体を冷やすのにぴったり。

 

ある程度大きいお子さん(小学生くらいから)であれば、ぜひシンデレラ城前の中央鑑賞エリアをおすすめします!!

 

大人も下着まで濡れる覚悟があるなら中央鑑賞エリアで笑

 

小さいお子さんの場合はシンデレラ城の脇やプラザ(シンデレラ城前の大きな円形の道)での鑑賞をおすすめします。

 

というのも、中央鑑賞エリアは全身ずぶ濡れになる。

 

この中央鑑賞エリアに入るとショーの途中で抜けることができない。

 

毎年中央鑑賞エリアで想像以上の水浴びに大泣きしている小さな子どもを必死に守るお父さんを見ている。

 

対して、小さいお子さんにオススメのシンデレラ城脇やプラザでも水撒きはするが、ちょっと雨に濡れた程度の水でしかも逃げ道も確保できる。

 

お子さんの様子を見ながら無理そうであれば抜けることができるのだ。

汗を流した身体を冷やすためにもここで水浴びをしておこう。 

 

 

2.暑さ対策グッズ

 

パークでは様々な暑さ対策グッズが販売されている。

 

大人、子ども問わずパーク内で一番多く見かけるのがフード付きタオル。

 

小さめのバスタオルにフードがついているような形状で、様々なデザイン、キャラクターのものが並んでいる。

 

帽子が苦手なお子さんでもかわいいフードなら被ってくれること間違いなし。

 

バスタオルを肩から羽織るように着用するので、首や肩から腕にかけての日焼け対策にもなる。

 

日が落ちて肌寒くなってきたら防寒具としても使える。

f:id:neige130:20170521022717j:image

f:id:neige130:20170521022724j:image

 

次にお子さんに人気なのがミストファン。

 

扇風機と霧吹きが一体型になったもの。

 

パーク内のトイレなどでお水を入れておけば、どこでも簡単に涼感を得られる。

 

デザインも毎年大きくは変わらないので、1度買っておけば毎年暑い季節に持参すればいい。

 f:id:neige130:20170521022912j:image

 

 

3.ミッキーに会いたい

 

せっかく遊びにきたんだから、やっぱりスーパースター・ミッキーマウスに会って一緒に写真を撮りたい!

 

 パークのゲートをくぐった先のエントランスでミッキーと写真を撮ることはできる。

www.tokyodisneyresort.jp

 

しかしここには大きな問題があって、真夏の強い日差しの下、順番待ちをしないといけない。

 

もちろん屋根など日除けは全くない。

 

そんな中1時間近く待つ可能性も。

 

同じ1時間待つのであれば、トゥーンタウンにあるミッキーの家とミートミッキーに行こう。

 

屋内で待つことにもなるが、ミッキーの家の中を抜けて、裏庭を通り、その先の撮影スタジオまで続いている。

 

家の中も楽しい仕掛けがたくさんあるので、小さなお子さんでも退屈せず待てることだろう。

 

ここでは4種類の衣装のミッキーに会う事が出来る!!

 

「ファンタジア」・・・青い三角帽子に赤いローブのいわゆる魔法使いの弟子の衣装。舞台セットは星空の背景。

 

「蒸気船ウィリー」・・・ミッキーのデビュー作で白黒映画なので、白いズボンにモノトーンのマフラー。舞台セットには船の舵がある。

 

「ミッキーの夢物語」・・・黄色の蝶ネクタイ、赤いパンツ、黒の燕尾というスタンダードな衣装。

 

「ミッキーの大演奏会」・・・演奏会の指揮者の役なので、かっちりした赤いロング丈のジャケットを着ている。

 

どの衣装のミッキーに会えるかは行ってみてからのお楽しみ。

f:id:neige130:20170522174455j:image

(写真は「蒸気船ウィリー」のミッキー)

 

家族と一緒の写真はもちろん、ワンショット、サインもしてくれる。

 

撮影の合間であまりゆっくりはできないので、テンパらないように事前に頭の中でシミュレーションしておこう。

 

www.tokyodisneyresort.jp

 

 

以上が「お子様と行く暑い夏のディズニーの周り方」でした!!

 

ディズニーおすすめ記事はこちら!!

 

www.magicbase.xyz

 

 

www.magicbase.xyz

 

 

www.magicbase.xyz

 

 

 

follow us in feedly