Long tall base

女装と雑記とDisneyと

【小説 おすすめ 2018年】小説マニアが選ぶ「絶対に面白い小説ランキング」最新版を発表します!

おすすめ小説ランキング2018年verを発表!小説好きがおすすめする絶対に面白い作品はこれ! 

f:id:yuzubaferret:20180125182354j:plain

【2/7更新】

集中力や読解力に加えて文章力も高まると言われる「読書」ですが、正直「何を読めば良いか分からない」と思います。

 

折角読書を始めたいと思って小説を買っても「あまり面白くない作品や自分に合わない作品」を買ってしまい、読書自体の興味も削がれてしまっては勿体無いですよね。

 

ですので今回は年間100冊程度本を読んできた私が「絶対に面白い作品」を紹介していきたいと考えています!

同時に「ネタバレを一切含まない簡単なあらすじや感想」を載せますので、そちらを読んで気になった作品を読んでみて下さい。

 

紙媒体でも良いですし流行りの電子書籍でもOKですね。

私は両方使用していますが電子書籍ならKindle推し!

 

分かりやすく「ランキング形式」で紹介していきますので是非ご参考にどうぞ!

全て私の独断と偏見で選んでいますが自信を持ってオススメ出来ます!!

第1位 すべてがFになる/森博嗣

 

ドラマにもアニメにも漫画にもなっている不朽の名作。

圧倒的に第1位はこの作品「すべてがFになる」 に決まりです。

 

ジャンルは「ミステリィ」ですが、厳密には「理系ミステリィ」という枠組み。

論理的・数学的な視点や思考で物語が進んでいき事件に向き合っていくという点が最高にクールで惹かれていきます。

 

登場人物の掛け合いも「論理的な思考」が根底にあるため魅力的。

全く理系に明るくない人でも問題なく読むことが出来ます。

 

何を読めば良いか分からない人は間違いなくこの作品がオススメ。

私は「すべてがFになる」で活字の世界にドップリはまってしまいました。

 

全10巻ありますが「名探偵コナンやシャーロック・ホームズ」のように1巻ごとで話は完結していますから取り敢えず最初の巻だけ読んでみて下さいね。

 

「すべてがFになる」の続きは「冷たい密室と博士たち」という作品です!

もう本当に最高なので是非読んで欲しいです!

 

ドラマやアニメ版はフジテレビオンデマンドを利用して期間内に無料視聴すればOK。

f:id:yuzubaferret:20180201190317p:plain

 

 

第2位 疾走/重松清

  

鬱小説として名高い「疾走」はオススメ。

活字に慣れ親しんでいないうちに読み始めましたが、その文章力に圧倒されて一瞬で読み終えてしまいました。

 

「小説に慣れていない人に対しても物語へ引き込む事が出来る」というのは物凄い事。 

 上下巻の2巻構成ですがページ数が物凄く多いわけでは無いのでサクっと読めます!

 

かなり生々しく人間臭い物語ですので「内容が暗い」小説が苦手な場合は読むのを辞めておきましょう。

逆に大好物な人にはこれ以上無い程ハマると思います。

 

「不幸」という名の攻撃を一切の手加減なく打ち込んでくるような物語ですので、是非読んで頂きたいですね。

下巻はこちらからどうぞ!

 

第3位 死神の精度/伊坂幸太郎

 

読みやすいといったら「伊坂幸太郎」氏の作品。

数多ある作品の中でもかなり評価が良くファンも多い作品が「死神の精度」ですね。

 

「死神」を柱として物語が紡がれている訳ですが、その死神がとてもユーモア溢れ魅力的な点が特徴。

「人間と死神の様々な認識の違い」がとても面白いですよ。

 

中々死神目線で物語が語られるというのは珍しいので是非読んで頂きたい作品。

「死神の精度」 の続編である「死神の浮力」も合わせてどうぞ!

 

 

 

 

第4位 向日葵の咲かない夏/道尾秀介

 

「後味の悪い小説」としてよく挙げられる「向日葵の咲かない夏」が第4位です。

良い意味で「2度と読みたくない」という人も居ますね。

 

間違いなく「読む人を選ぶ作品」ですがピタッとハマった場合は、徹夜してでも読んでしまうレベルです。

ハマる人というのは「じめっとした物語が好き・不気味で暗い物語が好み」な人。

 

また、そうでなくてもこれを機に好きになる場合があるレベルで素晴らしい作品です。

絶対に「ネタバレや他の人の感想」は読まないで当作品を読み始めて下さい。

 

道尾秀介氏の「カラスの親指」も合わせて読んで頂きたいです。

  

第5位 火車/宮部みゆき 

  

クレジットカード・サラ金における破産を背景として描いた「火車」もオススメ。

サスペンス+ミステリーというジャンルですが、かなり読みやすい部類だと思います。

 

宮部みゆき氏の作品は抜群に文章力や表現力が素晴らしく、読んでいて物凄く気持ちが良いですよ。

小説の醍醐味でもある伏線の散りばめから回収も秀逸ですので是非読んで頂きたい。

 

クレカやサラ金に対する社会的メッセージも含まれている物語ですので、これからクレカを利用するような若い人にもオススメが出来ますね。

最近では「模倣犯」も人気ですので合わせてどうぞ!

 

第6位 西の魔女が死んだ/梨木香歩 

  

感動・ほっこり系なら「西の魔女が死んだ」がオススメ。

特に「おばあちゃんっ子」は間違いなく大好きになる作品です。

 

映画化もされている不朽の名作ですね!

かなり万人ウケする物語ですから是非読んでみて下さい。

 

映画版であればAmazon primeで無料視聴できますのでご活用どうぞ!

30日無料なのでお試しください。 

→ Amazonプライム動画へ

 

「春になったら苺を摘みに」もエッセイ本ですが素晴らしい文章ですから、西の魔女が死んだと合わせて読んでみて欲しいです。

 

第7位 言の葉の庭/新海誠

 

「君の名は」で一躍有名になった新海誠氏による「言の葉の庭」が第7位。

雰囲気が最高に素晴らしい作品だと思っています。

 

読みやすいのは勿論ですが、頭のなかに情景が浮かんできやすいため最近読書を始めた人でも抜群に楽しめますよ!

個人的にですが「梅雨の雨の多い時期」に読み始めて欲しいです。

 

実際に存在する公園が聖地ともなっていますので、読み終わった後はまったりと行ってみるのも素敵だと思いますよ。

敢えて今は「どこの公園か」は伏せておきます。

 

また、映画verの映像も凄まじく綺麗ですので絶対に観て頂きたいです!

フジテレビの公式動画見放題サイトの「フジテレビオンデマンド(FOD)」であれば無料で視聴出来ますのでご活用どうぞ。

 

言の葉の庭だけでなく「君の名は」や「秒速5センチメートル」も視聴可能!

f:id:yuzubaferret:20180125170048p:plain

フジテレビオンデマンド(FOD)は月額888円ですが初回の1ヶ月は無料なので、期間内に辞めてしまえばお金が掛かる事はありませんから是非どうぞ!

 

 

第8位 隣の家の少女/J・ケッチャム

 

先程紹介した「向日葵の咲かない夏」と同じく良い意味で「2度と読みたくない小説」に挙げられますね。

読了後の後味が最高に悪くトラウマになる人も続出しています。

 

鬱小説を読んでみたい場合は是非読んで頂きたいですね。

「人間関係による地獄」から紡がれる最悪の物語をお楽しみ下さい。

 

1つ覚えておいて欲しいのは、この作品は「実在の事件を元にして書かれている」という事です。

もしも読んでみてハマってしまった場合は「オフシーズン」もオススメ。

 

  

 

 

第9位 国盗り物語/司馬遼太郎

 

歴史が好きな人には司馬遼太郎氏の「国盗り物語」がオススメ。

こちらは「まむし」と呼ばれた「斎藤道三」の物語ですね。

 

話が進んでいくにつれて「織田信長」へ視点が移り変わります。

つまりは戦国時代の話です。

 

ゲームや授業等でその時代へ興味を持った事があるのならば夢中になれる事間違いなしですよ!

「木下藤吉郎(豊臣秀吉)」の物語である「太閤記」もオススメです。

 

第10位 仮面山荘殺人事件/東野圭吾

  

閉鎖された空間で殺人事件等が起こる「クローズドサークル」というジャンルが好きな人は「仮面山荘殺人事件」がオススメ。

「逃げ場がない・追い詰められる」という感覚が素晴らしくドキドキして一気読みしてしまいますよ?

 

東野圭吾氏の文章は読みやすいので読書初心者さんでも満足できます。

こちらの作品からミステリーにドップリ浸かるという人も多いので是非どうぞ。

 

同じくクローズドサークルの「ある閉ざされた雪の山荘で」も良作です。

 

第11位 蝿の王/ウィリアム・ゴールディング

 

無人島に漂着した子どもたちの「サバイバル」を描いた作品。

「クローズド」な環境でのサバイバル系の物語が好きな人は間違いなくハマりますよ!

 

 ただし翻訳ものですので若干読みにくい部分もあります。

上記に貼ったのは「新訳版」ですが、旧訳版よりかは個人的に読みやすかった印象。

 

物凄く有名で不朽の名作と言われている作品ですので是非読んで下さい。

「子どもたち」で創られた「狂気に溢れた世界」をお楽しみあれ。

 

「後継者たち」も非常にオススメ出来る作品ですので合わせてどうぞ。

  

第12位 誰でもよかった/五十嵐貴久

  

秋葉原殺傷事件をモデルに書かれた物語ですね。

かなりスピード感のある作品で序盤から終盤まであっという間に読めてしまいます。

 

私はタイトルに惹かれて購入しましたが後悔はしませんでした。

私と同じようにタイトルが気になった人は是非読んでみて下さい。

 

ホラーが読みたい場合は「リカ」が圧倒的にオススメ。

「追い回される恐怖」と」いつ襲ってくるか分からない不安」を堪能して下さいね。

 

第13位 四畳半神話大系/森見登美彦

 

独特過ぎる世界観を描いた「四畳半神話大系」 も人気です。

あまりにも独特すぎるので最初は読み辛いと思いますが、徐々に面白く且つ止まらなくなってきます。

 

何の変哲もない、何の意味もない学生時代の青春を描いた作品ですので「あの頃の懐かしい気持ち」を思い出せますよ!

 

「森見登美彦」氏の有名な作品は「夜は短し歩けよ乙女」ですね。

こちらも素敵な作品ですので合わせてどうぞ。

 

以上がオススメの小説ランキングとなっております!

随時更新していきますのでチェックして下さいね。

 

小説をがっつりと無料で色々読み漁りたい場合は、今人気の「Kindle Unlimited」をご利用下さい。

月額980円ですが、初回の30日は無料なので先程のFODと同様に使い倒してから「期間内」に解約すればOKです。

Amazon Unlimitedへ

→ Amazonプライム動画へ

 

おすすめの香水ランキングは下記から読めます。

香り1つで雰囲気はガラリと変わりますよ。

www.magicbase.xyz

男性verの香水ランキングはこちら!

www.magicbase.xyz

読書初心者さんでも読みやすい小説特集は下記からどうぞ。

www.magicbase.xyz